自分の大好きなこと。古着とバイクと本。

べーごま。と申します。自分の趣味のことから日常のことまで幅広く書いていきます。

バイクの購入を検討している方へ!!バイクの楽しさが分かるまで10年かかった筆者だから言える愛車選びの重要性。

こんにちは、べーごま。です

 

この記事では、わたしが考える愛車選びの重要性についてお話しします。

f:id:beegoma:20190927204024j:plain

 

 

1. バイク選びは見た目に妥協しない

バイク生活が楽しくなるか否かは"購入するバイクの見た目に妥協しない"ことがすごく重要です。

 

初めての公道・・・誰でも怖いですよね。

わたしも初めて公道を走ったときは本当に怖かったです。後ろから車が来るだけで不安になるレベルでした。

f:id:beegoma:20190927205001j:plain

 

ただ、この怖さは永遠には続きません。どんな人でもいずれ慣れます。

そして、バイクの本当の楽しさが分かるのは、公道に慣れてある程度無余裕が出てきてからではないでしょうか。

 

更に、公道に慣れるまでバイクに乗り続けることができるかは、自分のバイクの見た目がどれ位好きかで決まると個人的には思っています。

 

わたしの最初の1台は、見つかる範囲・買える範囲で見た目が好みで乗りやすそうなバイクでした。 その結果は・・・以前のブログで書かせて頂きましたね。

 

10年近くバイクと離れることになります (バイク無しでは生活できない今なら分かります。凄くいいバイクで、是非また乗りたいバイクです。当時ほとんど乗ってあげなくて、本当に申し訳ないことをしたと思っています。)

 

www.beegoma.com

 ※全部で4回の記事になっています、興味のある方は是非こちらもご覧ください。

 

「バイクで出かけてみようかな・・・でも公道が怖いな・・・」

こうなった時に、バイクに乗って出かけようという気持ちを後押ししてくれるのが、バイクの見た目がどれくらい好きかです。

 

本当に見た目が大好きで、眺めてるだけで楽しくなってくる、自分のバイクが世界で1番かっこいい、そんな風に思えるバイクと出会えたなら、バイクで出かける時に上のような躊躇は全く無くなります。

 

2. 筆者が現在の愛車を手に入れるまで

そんなわたしも、今ではバイク無しでは生活できない人間になりました。

わたしの生活をそこまで変えた、現在の愛車の購入経緯をご紹介します。

 

バイクに10年ぶりに乗ろうと思ったときに一つだけ決めたことは・・・お分かりですよね、そうです「見た目だけは絶対に妥協しない」ことです。

 

具体的にわたしが探したのは・・・

いい感じにくたびれているオフロードバイク

これです。

 

この、"いい感じにくたびれている"というのが本当に難しかった・・・。

ここに関しては感覚的なお話になってしまうのですが、言葉で説明するならば"ラットスタイルが似合うオフロードバイク"でしょうか。

 

f:id:beegoma:20190927204016j:plain

こんなイメージですね。これのオフロードバイク版と言った感じです。

 

ちなみにオフロードバイクが良いと思った理由は、別に林道を走りたいとかそんな願望があった訳ではありません。

 

ただただ、オフロードバイクの見た目が好きだったからです、あと汚れがかっこ良さに繋がる感じも好きでした。

 

かなり変わった好みですよね・・・自覚はあります(笑)

 

こんな感じでバイクを探した訳ですから、好みのバイクなんかまず見つかりません。バイク買うことを決意してから購入まで数ヶ月かかったと思います。お盆の8連休は全てバイク探しに費やした記憶があります。

 

そして長いこと探してようやく・・・見つかりませんでした(笑)

ただ、自分の理想に限りなく近いバイクを見つけることができました。

 

早速実物を見に行って確認、全体のくたびれ方は正にど真ん中ストライクのオフロードバイク。

 

ただ100点満点ではありませんでした・・・しかし、そこである考えが浮かんで即決。こうしてわたしの愛車が手元に届くことになります。

 

この時頭に浮かんだあることというのが、「タンクとフェンダーの色を変えれば自分の理想100点のバイクになる」これでした。

 

という訳で、少しの間買ったままの状態で乗って、メーターが動かなくなったのをきっかけに早速バイク屋に持ち込み。

 

夢にまで見た自分が100%乗りたいと思えるバイクが完成しました。

 

これが現在のわたしの愛車です。

ここからはバイクに乗るのが本当に楽しくなりました。現在も駐車場に止まっているバイクを見るだけで楽しくなる日々を送っています。

f:id:beegoma:20190927205004j:plain

免許取得から本格的に乗るまで10年以上空いたのに、バイク無しの生活が送れないほどになれたのは本当にこの愛車のおかげです。

 

ただ、正直10年ぶりにバイクで公道走るのはめちゃくちゃ怖かったです。

当時は、車も同じくらい乗ってなかったので完全なるペーパードライバー(笑)

でも、そんな気持ちより、このバイクに乗りたいという気持ちの方が遥かに強かったです。

 

今の愛車を見つけていなかったら、正直今もバイクに乗っていなかったし、バイクの楽しさも分からないままだったと思います。

 

3. でも用途に合わせたバイクを購入した方がいいんじゃないの?

誰でも感じる疑問だと思います。

結論から言うと、見た目が100%好きと思えるバイクならどうにでもなります。

 

わたしが実際そうです。

古い125ccのオフロードバイクで通勤からキャンプツーリング、1日350キロ超えのツーリングまで何でもこなしています。

 

特にキャンプツーリングは積載に悩みました・・・125ccのオフロードバイクって、荷物が本当に乗りません。古くてマイナーなオフ車なので専用キャリアなんて勿論無いですし・・・。

 

なるべく軽くてコンパクトなキャンプグッズを探し回って、積載方法をあれこれ考えて・・・こんな感じで先日キャンプツーリングデビューしたのですが本当に楽しかったです。

 

ちなみに今の目標は、このバイクで北海道一周キャンプツーリングです。来年の夏を予定してます。もちろん更なる積載力のアップが必要ですが・・・。

f:id:beegoma:20190927204041j:plain

 

結局、見た目が100%好きなバイク何としてもこのバイクで出かけたい考えまくって何とかするめちゃくちゃ楽しい

 

このループに入ります。ついでに言うと、自分の大好きなバイクならあれこれ悩んでる時間も凄く楽しいですよ。

 

4. 終わりに

いかがでしたでしょうか。

こうしてみると、わたしの愛車の購入経緯は少し特殊かもしれませんね。

 

ちなみに、ひょんなことから先日林道デビューも果たしてたりします。

機能的な面で、125ccのオフ車を選んで本当に良かったと初めて思ったかもしれません(笑)

 

林道ツーリング・・・こっちもはまりそうです。

 

少し極端なことを書いてしまったかもしれませんが、個人的にはそれほどバイクの見た目って購入基準で重要だと思います。

 

バイク購入を検討している方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

 

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

クリックして頂けると記事更新の励みになります。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村